合議、角を取る

創作ことわざ。案を練るときに、話し合いをし過ぎてしまうと、いつのまにか面白味が消えてしまうようなこと。