古内東子「ピーチメルバ」

久々に聞いたら名曲だったー。古内東子「ピーチメルバ」( 94、アルバム「   Hug」に収録)。やっぱりこの時代のソニーミュージックって、才能を発掘して育てようって気を満々に感じて、今聴いても相当に凝った楽曲に驚きます

好きになった彼が好きになった自分ではない彼女に嫉妬しつつも、好きである気持ちを止められない。しかし、彼女を否定したりはしない。けれど、彼女のピーチメルバの香りが心をざわつかさてしまい、その気持ちは止められないーーといった難しい恋愛感情と運命の理不尽を、凝ったメロディラインにのせて歌った上質なポップスで、元オリジナルラヴのベーシスト小松秀行や、往年のジャジーなヒット曲をことごとく叩いていたドラムス佐野康夫がリズム体を強力にサポート。

凝ったメロディのポップスこそリズム体が重要—そんなことを久しぶりに思い出させてくれました。